pmsの原因とは~3つのことが考えられる

pmsの原因~女性ホルモンのバランスの崩れと脳内物質の低下

女性の心身の健康を司っていると言っても過言ではない女性ホルモンには、ふたつの種類があります。エストロゲンとプロゲステロンがそのふたつです。エストロゲンは女性らしさを助けるホルモンであり、自律神経の働きにも大きく関与しています。一方のプロゲステロンは、妊娠しやすい体作りを助けるホルモンです。このふたつは、期間によって分泌される量が異なっています。pmsが出てくる生理前に分泌量が多くなるのはプロゲステロンの方で、これは体内に水分を蓄える、食欲を増進させる作用を持っています。そのため、pmsの時期には体がむくみやすくなる、食欲が増して太りやすくなると言う不調が出てきやすくなります。またエストロゲンの分泌量が低下すると、脳内物質のセロトニンの減少にもつながります。セロトニンは喜びを感じる物質でもあるため、この分泌量が低下すると、精神的には不安定になったり、憂鬱が強くなったり、また苛々する気持ちが強く出てきやすくなります。そして自律神経の働きも低下するので、そのこともやはり、精神的な不調が強くなりやすくなることに関係しています。こうした女性ホルモンの分泌バランスが崩れること、それによって脳内物質に変化が生じることが、pms発症の原因のひとつとされています。

 

pmsの原因~ビタミンやミネラルの不足やその他の要因

そしてもうひとつの原因とされているビタミンやミネラルの不足ですが、これには女性ホルモンの分泌バランスを防ぐ作用や心の不調を改善する作用などがあるとされています。たとえばビタミンB6や亜鉛には、女性ホルモンの分泌を促進し、更にその働きを助ける作用があります。そしてマグネシウムやカルシウムには、興奮や刺激、ストレスと言ったものに対する神経の感受性を抑え、苛々や不安を緩和する作用があります。勿論、これらを摂取したからと言ってpmsが完全に改善されるわけではありませんが、日頃から栄養不足になりがちだと言う場合は、そのことが原因のひとつになっているかもしれません。またこれ以外にも、pmsの発症にはその人の性格や物事のとらえ方も大きく関係していると言われています。几帳面な性格や我慢強い性格、また些細なことでも悩みやすい性格の人は、特にpmsの症状を強く感じてしまいやすい傾向にあるとされています。pmsの不調は、日常生活に大きな支障を来すことも珍しくはありません。ですから、この期間中にはできるだけ体を休めるように努め、極力、物事にこだわり過ぎないよう、大らかな気持ちでいることも対策としては大切なことです。

 

 

関連:プレフェミンでpmsを改善してさわやかに過ごそう

Copyright © 2016 pmsの原因とは~3つのことが考えられる